土質改良のプラントとは|人命を救えるAEDを導入しよう|緊急時に役立つ

人命を救えるAEDを導入しよう|緊急時に役立つ

土質改良のプラントとは

工事現場

建設・土木工事で出て来る土砂はそのままでは埋め戻しても期待したようには締固めが行われずに不同沈下などを起こす可能性もあります。このような場合には適量のセメントや生石灰などの固化材を混入して土質を改良する必要があり、これは土質改良プラントと呼ばれています。個人で利用することはまずなく土木や建設会社が主に利用するものです。このシステムを利用することで粘土のような質の土から砂のような柔らかい土まで対応してその土地にそった土の再利用ができるようになっています。会社における重機の性能も向上して来ていたりこれまでのノウハウの蓄積によって導入するにあたってのコストも下がって来ています。環境破壊を防ぎ山砂などの代替え材として使え良質で安定確保が可能となります。

土質改良プラントは小規模のものの場合にはその場で土質改良を行うこともあります。土質改良プラントと同じく固化材を現場で混ぜ合わせるというものでこのことで強固な地盤を築くことができるとされています。土質改良プラントは工場によって違いがあるものの1トン当たり搬入の場合は千円、改良土の搬出では1千円ほどかかるようです。従来は廃棄していた土を再利用することで環境面やコスト面に優しい取り組みとされています。土質改良の工法としては柱状改良や鋼管杭、表層改良などがあります。柱状改良にはプラントと呼ばれる水と、セメントの粉を混ぜる機械、それにトラックに付属するセメントの粉を吊り上げるユニックが使われます。セメント、水、土を攪拌しながら穴を掘って注入して行きます。